体験レポート

【コロナ禍で急増】ゴルフシミュレーションが”月3万台”で自宅に設置可能!おすすめシミュレーターを徹底比較!

シオタ
シオタ
コロナ禍のゴルフ練習で、【ゴルフシミュレーター】が注目を浴びてますが、最近はレンタルもできて、自宅に設置する方も増えているようです。

シュミレーションゴルフと言うと、ひと昔前は何百万円もするイメージで、個人の家に置く方はほとんどいなかったはずです。。

しかし最近では、月額3万円代でレンタルできる所も出てきて、自宅に置く方も徐々に多くなっているようです。

特に、昨今はコロナの影響で、屋外とはいえ「ゴルフ練習場」も少なからず感染のリスクはありますが、シミュレーションゴルフなら安心して練習できます。

ということで、今回はシミュレーションゴルフについて、詳しい値段はもちろん、今どんなものが人気なのか?また設置の条件は?など、

最新のゴルフシミュレーター事情について、調査してみました!

この記事で分かること
  • 最新のゴルフシミュレーション事情!
  • 導入の具体的なメリット
  • 今どんな商品が人気なのか?
  • 値段はいったいいくら必要か?
  • 自宅に設置は現実的か?

 

コロナ禍で高まる!?自宅用ゴルフシミュレーターの需要

シミュレーションゴルフは一度は経験されたことのある方も多いと思いますが、最近のシミュレーションゴルフはとてもリアルに出来ていて、実際のゴルフコースをプレーしているかのような臨場感を、限りなくリアルに近い形で体験できるものになっています。

ゴルフシミュレーターのメリット
  1. コロナ禍で外出を避けながらゴルフ練習!
  2. 自宅で超本格的なゴルフ練習ができる!
  3. 世界の名門コースが疑似体験できる!
  4. レンタルは意外とリーズナブル!
  5. 約6坪分の空きスペースでOK!

ゴルフシミュレーションを自宅に置く人が増加中!?

シオタ
シオタ
コロナ禍ということもあり、屋外の練習に抵抗を受ける方も増えています。。そんな中で注目されているのが、ゴルフシミュレーターです!

ゴルフシミュレーターであれば、感染リスクを限りなくゼロに出来ますが、もう一つゴルフシミュレーションがにわかに注目を浴びる理由は価格にあります!

ひと昔前では、シュミレーションゴルフは何百万円もする、いわゆる業務用の機材でしたが、最近では、月額3万円代で個人の自宅にレンタルできるタイプも出てきていて、手の届く存在になりつつあります!

▼販売実績No1の国内メーカー「ゴルフランド」も、最近の状況を次のように分析しています!

今まで、シミュレーションゴルフを楽しむと言えばゴルフバーやアミューズメント施設でしたが、近年はご自宅に設置して楽しまれる個人のお客様が増えています。

時代と共にゴルフシミュレーターを動作させるためのブースサイズがコンパクトになってきており、スイングしてもクラブが天井に当たらない高さと、跳ね返りに危険がない奥行があればマンションでも設置可能になった為でしょう。

また、技術の進歩とともに低価格で高性能なシミュレーターも増えてきており、個人のお客様でも購入しやすい価格帯の製品が増えたことも関係しているでしょう。

出典 golfland

自宅にシミュレーションゴルフを配置するために、必要なことは?

実際に自宅にシミュレーションゴルフを配置するために、必要な事は何か?について、まとめました!

①配置可能なスペースはどれぐらい?


実際にシミュレーションゴルフを自宅に配置するにはどれぐらいのスペースが必要なのか?

シオタ
シオタ
ざっくりとしたイメージで、だいたい10畳程度の広さがあれば配置可能なようです!思った以上に狭いスペースでもOKかもしれません。

▼一般的なシミュレーションゴルフの配置スペース

  • 幅:3〜4m
  • 奥行き:4〜5m
  • 高さ:2.8m以上

注意が必要なのが、天井高が問題になります。

一般的な配置可能な天井高は2.8m以上となりますが、身長が高いであれば3mほどはみておきたいところです。

一般的に日本の住宅の平均的な天井高は2.4m程度と言われていますので、シミュレーションゴルフを自宅に配置する際にまず確認するのは、天井高でしょう。

②防音設備について

次に重要なのが防音設備です。

ゴルフ練習場などでは気になりませんが、一般家庭ではかなり大きな騒音となります。

このようなシミュレーションゴルフによる騒音は、事前に防音設備を配置することで防げます。具体的には、床や壁に防音材を入れる、防音機能があるマットやネットなどを取り入れるなどです。

気にするべき音は2つあります。

  1. クラブをマットに振り下ろす音です。
  2. ゴルフボールを打ち込むネットの音です。

①の音はマンションなどの場合、意外と大きな音が床に響いてしまい、上下階であれば騒音となってしまいます。

人気ゴルフシュミレーターのスペックと値段を比較

シオタ
シオタ
ここでは、人気のゴルフシュミレーターの価格をご紹介します。

①PhiGolf(ファイゴルフ)

Phigolf(ファイゴルフ)は自宅でできるバーチャルゴルフの中でも、最もコストパフォーマンスの高いゴルフシミュレーションとなります。
クラウドファンディングで2000万円以上を集めたことでも話題になりました。
価格は、2万円〜4万円!
主な特徴

『ファイゴルフ』の特長は、コストが安い割に、しっかりとスイング解析ができる点です。

最近では「トラックマン」など計測器が出てきたことで、スイングや弾道を解析することが、上達の早道となっています。しかし、大半の計測器は数百万円はする、高額商品で個人で手に入れるのは正直ほぼ無理な話しです。。

一方で『ファイゴルフ』は、基本的に「楽しむ」ことに主眼を置いているため、複雑な解析はできないものの、「スイング軌道」、「ヘッドスピード」、「スイングテンポ」、「クラブ軌道」、「フェースアングル」、「アタックアングル」、「飛距離」が1画面で確認できます。

この価格帯でのスペックは恐らく最高峰になります。

主な商品レビュー

肩こり解消に良い。楽しく素振りできます

いつものゴルフ練習場も閉まったので、買って見ました。これは楽しい。

1.1人ならワンラウンド40分くらい。(勝手にスルーです)
2,在宅勤務での、ひどい肩こりが2ラウンドで解消。(偏頭痛も治まりました)
3,初ラウンドで自己ベスト79を記録(どうしても言いたかった)
4.アプローチ、パターは結構距離感がシビアで練習になる
5.ウッド、アイアンは、ダフリもトップもないので、フルスイングの勢い練習(ヘッドスピードあがりそうです)

この、スイング練習器具付きをおすすめします。
センサーについている突起部は太くて普通のグリップには刺さりません。
練習器具が短いので家の中で振りやすく、軽いのでHSあがるのも気持ち良いです。
ドライバーがコースより20〜30ヤード飛びます。

当てに行かず振りきるのが大事なんだなと感じました。プロに指導受けると「素振りでスイングをつくる」と言われました。
でも飽きるじゃないですか。
このゲームは飽きずに素振りできます。

先に器具付きおすすめと書きましたが、自分はタイトリスト718CB、DG200sの7番にセンサーを付けて、素振り筋トレに使っています。自分のアイアンはNSですが。

結論は、この自粛時期におすすめです。

あと少しで、最高だと思います。

練習場やコースはとても良いおもしろく、家の中でゴルフが楽しめるのはとてもいいです。しかしサンプル画像と実際のインターフェースが違う。また映像の中にプレーヤーが出てこない。クラブスピードがマイル表示で参考にならない。と言った不満はあるので、改善と詳しい説明書を望みます。

出典 Amazonレビュー

①SkyTrak(スカイトラック)

世界最高峰のハイスペックシステム搭載した、最新のゴルフシュミレーターです。3ラインセンサーでボールの速度や回転など、ショットを正確に再現しています。

他社の場合、数百万円するゴルフシミュレーターですが、SkyTrakシミュレーターなら100万円以下で実現が可能です。しかも工事一切不要!!

価格は、総額約100万円!

主な特徴

幅 3m × 奥行 5m 程度あれば導入可能

他製品と比較し値段が安い

SkyTrakシミュレーターでは、3D化された実際のコースで、ニアピンやマッチプレイも楽しめる

比較表

商品名 SkyTrak FORESIGHT GC2 TRACKMAN FLIGHTSCOPE MEVO
接続方式 Wi-Fi Bluetooth Wi-Fi Bluetooth
センサー形式 カメラセンサー ドップラーセンサー
重量 725グラム 1,750グラム 3,200グラム 200グラム
サイズ(mm) 147(W)×173(H)×62(D) 140(W)×254(H)×76(D) 300(W)×300(H)×50(D) 90(W)x70(H)x30(D)
測定値転送時間 即時 2秒
測定値表示時間 2秒 5秒
使用環境による
測定データ差異
室内外問わず同レベル 室内外によりデータ異なる
※室内の場合ボールに専用マーカー必要
充電器 汎用USB 専用アダプター 汎用USB
価格 265,000円 1,200,000円 2,500,000円 90,000円
ボールスピード
クラブスピード
バックスピン
サイドスピン
スピンアクセス

◯:実測値 △:計算値 ✕:測定不可

 

②G-SHOT SMART2

日本のゴルフシュミレーター市場で、NO.1の導入実績を誇るモデルです。驚きの性能でありながら「購入しやすい価格」を実現し、営業店舗からご自宅まで幅広く設置可能なシュミレーターです。

価格は、300万円!

そしてレンタルであれば、月39000円です。

主な特徴
  • 何と言っても値段がお手頃
  • あのライザップゴルフも使っている
  • ク最大49コースの中からお好きなゴルフ場を選択してラウンドすることが可能

上記の商品を取り扱うメーカー「ゴルフランド」は、国内唯一のメイドインジャパンのゴルフシミュレーションメーカーです。

月々39,000円~のレンタルプランや中古の販売もしています!

ご興味があれば、まずは無料で資料請求されてみてはいかがでしょうか?

>>自宅でリーズナブルにゴルフシミュレーション生活!国産ゴルフシミュレーターメーカーGolflandの無料資料請求はこちらから

唯一の純国産&販売実績No.1のメーカー「ゴルフランド」がおすすめ!

出典 golfland

国内でもっとも売れている&月額39000円でレンタルができる「G-Shot Smart2」は、ゴルフランドというメーカーが作っています。

海外メーカーが多い中、この会社は唯一のメイドインジャパンで、あのライザップゴルフでも採用されていることでも有名です!

この機種の特徴は、

ラウンドモードで49コースを内蔵し、最大6人まで楽しめる点にあります。練習モードに設定すると「ドライビングレンジ」「打ちっ放し練習」「ニアピン」「ショートコース」「パッティング」「スイングモーション」「カメラによるスイングチェック」など色々なモードに切り替えが出来て、キメ細かな作り込みになつています!

「G-Shot Smart2」のレンタル/販売価格

定価・・・3,000,000円
レンタル月々・・・39,000円~※5年レンタル(保証金234,000円)

ゴルフシミュレーターのレンタルは、店舗や企業様だけでなく、ご自宅へのレンタルも可能になります。

また、価格表は5年レンタルのものとなりますが、5年未満やそれ以上など、ご希望に合わせて柔軟な対応ができるようです!

5年レンタル(税別)
定価 3,000,000円 レンタル費用
保証金 234,000円 月々39,000円~

 

【ライザップ】ゴルフ力診断を受けてみた!ハイエンドな最新シミュレーター【GDR】の体験レポ!ライザップゴルフの魅力と短期間で結果にコミットできる秘密を徹底解析。申込む前に必ず行っておきたい「RIZAP GOLFゴルフ力診断」の体験談を公開中。 気になる料金やレッスン内容、口コミや評判など、あなたが知りたい内容を徹底調査しました ...